マリアギャランという美容法

Posted 5月 18th, 2012 by admin

長い間立ち仕事をすると、足が重くなり、
むくみでパンパンになって靴が入らなくなるなどの経験をしたことがないでしょうか。
これは、体の水分が下半身に溜まるからです。むくみはそのまま放置すると、
足が太くなる原因になります。そんな足のむくみを解消する時に、セルフエステがおすすめです。
自宅でのこまめなケアが、むくみを改善し、きれいなレッグラインをつくります。
時間や費用をかければ、エステサロンでもむくみは解消できるしょうが、毎日通える人に限ります。
しかし、自宅で空いた時間にするセルフエステは、誰もが行いやすく、毎日ケアすることにより
むくみも改善します。
このとき効果的なのが、足のマッサージです。
むくみをとり、足やせにもなる方法として、足を下から上に向かって揉み、余分な水分を排出するのです。
足やせマッサージの方法は、足裏を揉み、それからくるぶしを親指を使って揉みほぐします。
そして、手の平で足を包むようにし、足首から太ももに向かって揉み上げるのです。
次に膝から、裏側を念入りに刺激して、太ももは両手で挟むようにマッサージしてください。
これをリンパの流れに沿って行うことより効果が高まるので試してみてください。
入浴後の体が温まった状態でする時は、お肌に負担がかからないように
マッサージオイルをつけてからするのが良いでしょう。
このようなセルフエステを毎日行うと、むくみのないきれいな足になります。

セルフエステで出来ることは自分で、出来ないことはプロへ。というわけで私のお薦めはマリアギャラン石膏パックです。
大阪でも受けられるサロンが増えてきていますよ。

Comments are closed.